どうしても3000円を使わなければいけないときのカメラグッズ選び

先日RIcoh GRを購入した時のポイントが付与されたとのメールがB&Hより送られてきました。約700ドルで購入して4%のポイント還元なので約28ドル(3000円)分です。B&Hは安くてしかも(アメリカの量販店には珍しく)ポイント還元があるのでよく使っているのですが、有効期限が6ヶ月しかないこと、購入後1ヶ月ほどしないと使えない(その場でアクセサリなどを購入するのには使えない)ことが大きく異なります。さて今回はこの28ドルのポイントをどう使うか、というお話です。

BHpointCard

ちなみに、こんなカードの図が電子メールで送られてきます(カード番号とPINとバーコードは消してあります)。ネットで購入する際はチェックアウト時に番号を入力することで値引きされますし、これをプリントアウトしてリアル店舗に持って行けばクーポンとして使えるようです。

欲しい小物がない!

うれしいことではありますが、この28ドルを見た時に困りました。今現在すぐに欲しいと思うものが見つからなかったのです。高いものでいいなら欲しいものはいろいろあります。広角ズームレンズとか、標準単焦点レンズとか、望遠ズームレンズとか。また日本に帰国してから欲しい物もあります。防湿庫とか(余談ですがアメリカは地域にもよりますがあまり多湿という気候ではないのでレンズ用の防湿庫はあまりメジャーな商品ではないようです。防湿庫を検索していたら銃の弾丸の火薬を湿気させないで保管しておくための保管庫がヒットしてぎょっとしました)。 しかし、28ドルとなるとぱっと思いつく欲しいものがないのです。28ドルに釣られて高い金を追加してまでレンズを購入するほどお金に余裕はありません。先月GRを買ったばかりですし。また28ドルのポイントが失効していくのをみすみす見過ごせるほどお金に余裕はありません。この28ドルが返ってくることがGRを購入するための最後のひと押しになったことも確かなのです。

GR用のアクセサリを検討してみた

ということでまずは新しく購入したGR用のアクセサリを見てみることにしました。まず思いついたのは予備のバッテリーと充電器です。購入前にネット上のレビューを漁っていたときに、電池の持ちが悪いことと、充電器が付属しておらず充電はケーブルを本体に直接つないで行わなければならないことが問題点として挙げられていました。また、リコー純正の半額で購入できるSigma DP用の充電池および充電器がGRに流用できることも知り、その購入を考えていました。

しかしながら、いざ調べてみるとB&Hではこれらの充電池と充電器が日本の2倍以上の値段で販売されており、とても購入する気になれませんでした。また、実際に使ってみるとGRの電池の持ちはそれほど悪くはなく、私の使用頻度では充電池と充電器がそれほど必要であるとも思えなかったのです。

他のアクセサリとしてケースや純正ストラップも見てみましたがどうも食指が動きません。唯一ワイドコンバージョンレンズには興味がわきましたが値段が200ドル以上するので諦めました。まあ買ったとしてもコンパクトが信条で沈胴式レンズのGRにワイドコンバージョンレンズをつけっぱなしにするようになるとは思えないのでいいのですが。

同じ理由でビューファインダーも諦めました。じゃまになりそうだし、素通しのファインダーで15000円超えは高いかなーと。

GRに付属していたストラップは一昔前のガラケーに付属していたようなチープなものであまり手に馴染みません。落としたくないのでつけていましたがこれをよりよいものに取り替えようかなと思いストラップをいろいろ見ていましたがピンとくるものはありませんでした。日本でしたらいろいろ面白くて使い勝手も良さそうな商品があるのですがアメリカの人はこの辺比較的無頓着なようです。

自由雲台を検討する

以前書いたように三脚用の自由雲台でアルカスイス互換のものが欲しかったことを思い出し、自由雲台を検討してみました。この予算ではちゃんとしたものは買えないことはわかっているのですが(特に一眼レフ用は)、JOBYのballhead Xというのが比較的しっかりしていて評判も良いようです。お値段も43ドルと良心的。

お、これはB&Hのほうが日本のアマゾンより安いようです。うーん。これを買って今使っているベルボンのUT-53Dに取り付けて使えば、JOBYのultra plateを介して直接5D mark IIIを雲台に取り付けられます。

ゴリラポッドとのセットに心が動く

さてJOBYといえばゴリラポッドでも有名ですね。上述のBallhead Xもゴリラポッドの最重量級 gorillapod focus とのセットでの使用を想定したものです(もちろん他の三脚にも取り付けできますが)。そこでGorillapod Focusとのセットで購入することを考えてみました。

日本アマゾンではセット販売されていないようですね。先ほどのBallhead Xと合わせて買うと17000円。しかしB&Hでは91ドル(約9200円)で販売されています。還元ポイント利用で約6000円か。JOBYがアメリカの会社だからかな?かなりお買い得な気がしてきました。しかもバラバラに買うより15ドルほどお得なようです。

フィルター類を調べる

5D mark III用のアクセサリも検討してみました。まず思いついたのはNDフィルターかPLフィルターあたりです。風景を撮ることが少ないのであまり利用する機会はないかもしれませんが、あって困るものではありません。NDフィルターは日中開放でポートレートや動画を取るために必要になるかも。 ということでNDフィルターを調べてみました。常用しているSigma 35mm F1.4 Artのフィルター径は67mm。これは100mm F2.8L IS マクロと同じなので67mmのフィルターを購入すれば両方のレンズで利用可能です。一方で標準ズームの24-105mmのフィルター径は77mmと少し大きいのでこれに利用することはできません。また、動画には可変NDフィルターが便利ですが、スチル撮影では解像度が低下することが多いとのこと。可変NDにするか単NDにするか、単NDにするなら何段のものを選ぶかも悩みどころです。結局予算の範囲では十分な性能のものが手に入らなさそうだったので今回は諦めました。子供が動きまわるようになって外にでるようになった時に考えることにします。

結論:Ballhead X + ゴリラポッドFocus を買います

GorillaPodFocus

 

Ballhead Xのみを購入することにほぼ心が決まっていたんですが、ゴリラポッドFocusのスペックを見ていたらHigh quality Japanese ABS plasticとあったので…。手元に届いたらまた記事にさせてもらいます。