地中海クルーズ旅行:概要

最初の撮影記は、2012年に行った地中海クルーズ旅行について書いていきたいと思います。これはフルサイズ機EOS 5D mark IIIを購入してから最初に行った大きな旅行で、良いカメラを買って良かったと思えるような被写体の連続だったので、今でもとても印象に残っています。同時に初めてのクルーズ船での旅行でもあったのですが、その魅力についてもお伝え出来たらなと思っています。クルーズでの旅行ってあまり情報がないので行く前は不安でいっぱいだったのですが、実際はかなりリーズナブルですし安全性・治安の面でもメリットが多いので、ご家族連れの方や海外旅行に慣れていない方でも楽しめると思います。

クルーズ船について

最初に、旅程について簡単にまとめておきたいと思います。パリのシャルル・ド・ゴール空港でトランジットして、イタリアのベネチアに降り立ちました。着いた日はまずベネチアの観光をして、ホテルに宿泊しました。翌日もベネチアを観光して、夕方に港に移動してMSC社のMSC Divina号という巨大客船に乗り込みました。 まず船の大きさと豪華さにおどろかされました。まさに動くホテル!

0X4A3073-2

内部には豪華な装飾が施されていて、 海の上にいるのを忘れるくらいです。ほとんど揺れないので船酔いの心配はありません。ブランド商品が並ぶ免税店やカジノ、毎晩ショーが行われるステージなど、船の中にいても飽きることはありません。またバーやロビーではアコースティックギターやピアノの演奏などが一日中楽しめます。

0X4A3365 0X4A3107-2

部屋はオーシャンビューという窓付きの部屋を予約していたのですが、何故かチェックインのときにバルコニー付きのワンランク上の部屋にアップデートされました。

最初に全員参加必須の避難訓練が行われ、楽しい旅行の始まりです。

クルーズ船の中では、ほぼ全ての食べ物が無料で食べ放題です(一部例外で有料のレストランがあります)。このクルーズ船では、部屋ごとにレストランのテーブルが決まっていて、毎日同じウェイターさんがサービスをしてくれます。名前を覚えてくれて、毎日お決まりのビールやお気に入りのデザートを覚えてくれるなど、とてもよくしてくれました。

海外旅行に行くとチップの文化がわからなくて不安という方も多いかもしれませんが、チップはルームメイクやレストラン等全て合わせて毎日一定の価格が徴収されるので心配いりません。「心づけ」という意味合いからは遠のいてしまいますが、煩わしい計算をするよりは気楽でいいでしょう。クルーズ船の中には身分証明証なしでは入れませんので、観光客目的の詐欺師やスリの心配はほとんどなく(もちろん最低限の注意は必要ですが)大変リラックスして過ごすことができました。

今回のクルーズの旅程

クルーズの旅程は以下のとおりです。私が行った時とは船が違いますがコースのリンクも貼っておきます。それぞれの寄港地ではエクスカーションと呼ばれるオプションツアーが組まれており、自分の好みに合わせて好きなエクスカーションを選ぶことで、寄港中に効率よく観光を楽しむことができます。今回のクルーズでは全ての寄港地でエクスカーションを利用して観光を行いました。

もちろん自分でタクシーや公共交通機関を利用して観光したり、クルーズ船内に留まってゆっくりしていることも可能です。ただしエクスカーションを利用しない場合出航時間までに戻れないと最悪置いて行かれるリスクがあるのでエクスカーションを利用したほうが安心です。自分で手配するよりは若干割増になるようですが、船のすぐ近くまで迎えのバスが来てくれることが多く、大変ラクでした。

YP31

http://www.msccruises.jp/jp_jp/Cruise-Departures/Cruise-Itinerary-MSC-Preziosa-Rates.aspx?cruise_id=PR20141101VCEVCE&ship_code=PR

 

前日まで:ベネチア観光

上述したようにベネチア到着当日は市内観光に当て、サンマルコ広場や鐘楼を見学したり、街を歩き回って買い物をしたりしました。ホテルに宿泊後、翌日も少し観光をしてから、クルーズ船が出発する港に移動しました。

地中海クルーズ旅行:ベネチア編 part1

2014.10.29

忘れられない水の都!ベネチアの旅行スナップ Part2

2015.09.02

クルーズ1日目:バーリ

最初の寄港地バーリでは、港からバスに乗ってアルベロベッロというところに行きました。ここは世界遺産登録地であり、トゥルッリと呼ばれる円すい形の屋根と白い壁が特徴的な家屋が並ぶ村です。

地中海クルーズ2日目!世界遺産アルベロベッロのトゥルッリを撮った!

2016.01.26

クルーズ2日目:カタコロン(オリンピア)

翌日はギリシャのカタコロン(オリンピア)に寄港し、バスでオリンピアの遺跡を観光しに行きました。

第2の寄港地カタコロンではオリンピック発祥の地・オリンピア遺跡を撮ったよ!

2016.04.01

クルーズ3日目:イズミール

3日目はトルコのイズミールでエフェソス遺跡などを見学しました。

3日目はトルコ・イズミールでエフェソスの古代都市遺跡を見学したよ!

2016.04.03

クルーズ4日目:イスタンブール

4日目はトルコのイスタンブールでブルーモスクやアヤソフィアなどを見学しました。また、グランドバザールで買い物を楽しみました。

地中海クルーズ4日目はトルコ・イスタンブール!

2016.04.08

クルーズ5日目:終日移動日

この日は移動距離が長いためどこにも寄港せず海の上で過ごしました。

クルーズ6日目:ドゥブロヴニク

6日目はクロアチアのドゥブロヴニクを訪れました。街全体が世界遺産に登録されていて、ジブリ映画「紅の豚」や「魔女の宅急便」の舞台になったところらしいです。アドリア海の真珠と呼ばれるにふさわしい美しい街でした。

最後の寄港地は「魔女の宅急便」「紅の豚」のモデルとなった街・ドゥブロヴニク!

2016.04.08

クルーズ7日目:ベネチア着

7日目にベネチアに戻ってきて、さらに一泊した後ベネチアを後にしました。

次の記事からはそれぞれでの寄港地での写真をアップしていきたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。