2015/01/26【ほぼ週刊Photography】SIGMA 150-600mm | Sportsの最新ファームウェアが公開など

【ほぼ週刊Photography】として、その週に私の目に止まった記事をまとめていこうと思います。その週に公開されたものだけでなく、改めて注目された記事なども含みます。

機材

シグマ Art 30mm F1.4 DC HSMをフルサイズカメラで使用してみました。 : カメラと写真の日々

http://blog.livedoor.jp/photo1050/archives/40972753.html

APS-C専用とされているSigma Art 30mm F1.4 DC HSMが実はフルサイズ機(EOS 6D)でも使えるという話。周辺減光はかなり残っていますが安価で広角大口径のフルサイズ用単焦点が手に入ると考えると魅力的ですね。もちろん自己責任で、ということになりますが。

8000円で買えるフィッシュアイ、BCL-0980が面白い! – I AM A DOG

http://moognyk.hateblo.jp/entry/2015/01/20/120000

マイクロフォーサーズマウントのボディーキャップレンズ。マイクロフォーサーズマウントにもいろいろと面白いレンズが合っていいですね。

【高倍率ズームレンズ】TAMRON AF18-200mm F3.5-6.3 XR DiⅡレビュー

http://hagure5.blog3.fc2.com/blog-entry-311.html

つむりの悠々自適ライフさん。ずっと使われていたSIGMAの高倍率ズームレンズが壊れてしまって、TAMRONの高倍率ズームレンズを購入したというお話です。実売15,000円位でしっかり写るのでメインとして常用されているそうです。安価な高倍率ズームレンズを探している方は一考の余地がありますね。

メーカー直撃インタビュー:伊達淳一のもっともっと知りたい!! キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview_dcm/20150121_684376.html

ついに発売となったEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのメーカーインタビューです。かなりいろいろな新しい技術が結集しているんですね。将来的に是非欲しいレンズの一つです。

iPhoneを完璧なInstagramデジカメ化するケース『リロンチカメラ』知ってる? – 週アスPLUS

http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/294/294881/

普段持ち歩いているiPhoneで素敵な写真が撮れたら撮影の幅が広がりますよね。でも値段が約5万8900円とかなり張りますね。これならデジカメを買ったほうが…。

SIGMA 150-600mm | Sportsの最新ファームウェアが公開 – デジカメ Watch

http://m.dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150123_685084.html?ref=rss

ファームウェアの更新で手ぶれ補正に新しいアルゴリズムを加えるというお話。こういう既存ユーザを大切にする企業姿勢にはかなり好感が持てます。技術的にも、斜め方向の効果的な手ぶれ補正など、かなり注目に値します。SIGMAは今後他のレンズにもこのアルゴリズムを導入していくようなので、SIGMAの手ぶれ補正は今後どんどん良くなっていきそうですね。

マンフロット、3通りに使えるカメラバッグ – デジカメ Watch

http://m.dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684873.html?ref=rss

ストラップ難民である私ですが、カメラバッグ難民でもあります。今のところThuleのCovertを買おうと目論んでいますが、他の選択肢の出現は大歓迎です。この商品、結構良さそうですよね。今後のレビューに注目したいと思います。

 

撮影法

一流のプロ・ファッション・フォトグラファーがおもちゃのカメラで撮影した写真が凄い

http://dailynewsagency.com/2014/12/31/cheap-camera-challenge-lara-jade-0ac/

弘法筆を選ばず。おもちゃのデジカメでも構図とポージングの工夫で「いい写真」になりますね。大変勉強になり、考えさせられる記事でした。

もはやプロカメラマンの腕は普通に写真を見てもよくわからない問題 : 「住宅都市整理公団」別棟

http://blog.livedoor.jp/sohsai/archives/52037857.html

上の記事をこのように見る方もいるようです。「カメラマンの能力」に対して「カメラの性能と操作能力」が占める部分が大きいため、写真を見てもそれを撮ったのがプロだか素人だかわからないという主張。しかし、これを認めるためには「ド素人がフラッグシップ機で撮影した写真が凄い」という記事を見てみる必要がありますよね。そしてきっと、ド素人がフラッグシップ機で撮っても大した写真は取れないと思います。だからこそプロの写真家はすごい、というのが私の感想。

いい写真が撮りたい人へ、【 第十三回:三脚で構えて撮ることの意味 】 | 使える機材 Blog!

http://panproduct.com/blog/?p=42191

ブレ防止と、構図の固定のために三脚をデフォルトで使うことで写真が上手になるという教え。確かに大事ですね。個人的にはあまり三脚を持ち出せていないので反省。

「Sony DSC-RX100だけで撮るブログ 」はコンパクトデジタルカメラを楽しむテクニックが満載のブログだ – オーケーマック

http://okaymac.com/2015/01/17/dsc-rx100-blog/

プロの写真家・伴貞良先生のブログを紹介した記事。SonyのDSC-RX100だけで撮る。カメラの潜在能力を最大限に引き出すべく様々に考えられている内容をシェアしてくださっています。私のセカンドカメラはリコー(ricoh) GRですが、おなじコンパクトデジカメとして大変参考になります。今後もチェックしていきたいと思います。素晴らしいブログを紹介してくださって感謝しています。

ニコンの写真の色は黄色い? 自分好みの色に調整する方法 – マルコメモ。

http://cafewriter.hatenablog.com/entry/2015/01/23/004050

「ニコンの写真は黄色い」というのはよく聞く話ですが、ちゃんとカメラの癖と向き合って調整すればいいんだという良記事。黄色い黄色いと言う前に自分で自分好みの色を出しましょう。

写真が上達するコツ ~ 第1回 写真で伝えたいことを決めよう WEB写真上達講座|一般社団法人 日本写真映像用品工業会

http://www.jpvaa.jp/course/howto_photo_001.html

書き方は異なりますが、以前の記事で私が書いたことと共通する考えが多くてまさに我が意を得たりと言った感想です。プロの写真家の先生が書いてくださると説得力がありますね。

写真

世界一周中に出会い、本気で感動した世界の絶景7選(写真24枚) | TABIPPO

http://tabippo.net/zekkei-around/

いい写真を撮るテクニックを磨くのも大事ですが、結局被写体の魅力がありき、ですよね。オーロラはいつかリベンジしたい。