Peak DesignのClutchとSlideはこれまでに試した中で最高に取り回しが良いストラップ

こんにちは!今回は、先日注文したPeak designのClutchとSlideが届きましたので早速レビューしたいと思います。購入の顛末については、こちらを御覧ください。ほぼ衝動買いでしたが、なかなかいいです!

アンカーリンク(anchor links)が撮影スタイルを変革する

Peak designのプロダクトが他のストラップと一線を画しているのは、アンカーリンクという独自の機構です。これは紐の先に丸いプレートが付いているもので、紐の部分をカメラ本体のストラップ穴に通したり、三脚穴に取付可能なプレートに空いている穴に通したりしてカメラ側に固定します。丸いプレートはPeak design社の様々な製品に引っ掛けるように固定できるようになっていて、ワンタッチで簡単に取り外すことができます。

まずはこのアンカーリンクを見て行きましょう。紐は細いですが組紐でしっかりしています。ちょっとやそっとでは千切れそうにはありませんが、カメラのストラップ穴の金属部分に擦れて少しずつ摩耗していく可能性はあります。同梱されていた説明書にも、紐がほつれていたら交換してくださいと明記されていました。また、ClutchにもSlideにも予備のアンカーリンクが付いていました。

AnchorLinks

 

Clutchは長さが瞬時に調節できるハンドストラップ

クラッチは、このアンカーリンクを介してカメラに装着するハンドストラップです。片方はカメラのストラップ穴に、もう片方は三脚穴に取り付けたプレートにアンカーリンクを取り付けて装着します。

このストラップの良い所は、長さの調節がすぐにできることです。前回書いたように、ハンドストラップの欠点は、持ち歩きの際に調度良い長さと、じっさいにシャッターボタンを押すときに最適な長さが異なることにありました。これは原理上仕方ないことだと諦めていたのですが、Peak designはこれを、長さをすぐに調節できるようにすることで見事に解決しました。

質感は悪く無いです。実用的な感じですね。手の甲が触れる部分はサラサラとした素材になっていて、汗をかいてもへばりつくことなく手が動かしやすいです。また、プレートから出るアンカーリンクの向きが斜めになっているので、ストラップが手の甲にフィットする角度になり、フィット感が高まっています。

Slideは長さ調節が瞬時にできるストラップ

Slideは、いわゆる速射系ストラップのカテゴリに属するストラップです。2つのアンカーリンクを介してカメラに装着します。素材と太さ、厚さはシートベルトとほぼ同じです。シートベルトを想像しておけば大きく外れることはないでしょう。ニンジャストラップのように引っ張るだけで伸びるような機構ではなく、つまみの部分を引っ張って伸ばす必要はありますが、その分しっかりと固定できるのであまり問題はないと感じました。

ClutchとSlideを同時に装着するときは3つのアンカーリンクを全てプレートに取り付けるのがよい

さて上述のClutchとSlideを同時にカメラに装着するときはどうすればよいのでしょうか?公式では以下の2つの付け方が推奨されていますが、どうにもしっくり来ません。

  •  Slide用のアンカーリンクをプレートとカメラの左側のストラップ用穴に取り付ける
Clutch and Slide
  • Slide用のアンカーリンクを左側のストラップ穴とClutchに取り付ける
14335934307 8d8fd1b5f0 k

前者はSlideをショルダーストラップとして肩に斜めがけした時Clutchが体から遠い側に行ってしまい、とっさにカメラをホールドできませんでした。後者はClutchにアンカーリンクを直接結びつけているのでClutchの劣化が早まりそうですし、可動性が損なわれます。

そこで私はSlide用のアンカーリンクを全てプレートにつけることにしました。

R0002790

こうすることでSlideとClutchが干渉することなく、うまく行きます。また、斜めがけした時にカメラの向きが体に寄り添うようになるので安定します。

結論:総じて大満足だがスタンダードプレートの重複がもったいない

さて簡単にレビューしましたが、結論からいうと大満足です。これまでストラップ難民としていろいろなストラップを試してきましたが、しばらくはこれで運用してみようと思います。ただ一点、購入する前から気づいていたことですが、ClutchにもSlideにもプレートが付属しているため、両方買うとこれが重複します。公式サイトでセットで販売しているのだから、SlideとClutchにはプレートは付けないで売り、プレートを1枚だけ購入すれば済むようにして頂けると余分な部品にお金を使わないで済んだのにと思います。この点は将来的に変更したほうが良いのかもしれませんね。

また何か気づいたことなどありましたら追って記事にさせてもらおうと思います。

おまけ:日本からでも購入はサイト直販がお得か?

ちなみに私は上述したClutchとSlideのセットを公式サイトより購入しましたが、これは合わせて89.95ドルと個別に購入するより10ドル安くなります。また、ネットで”peak design coupon”などと検索すると10%オフになるクーポンコードが見つかるので、それを使えば80.96ドルで購入可能です。日本への配送は9.95ドルで行ってくれるようなので、計90.91ドルとなります。記事公開時(2015年1月25日)の為替レートで計算するとこれは約10,700円で、日本のアマゾンでそれぞれを購入した時の合計価格14580円よりかなりお得になります。自己責任でということにはなりますが検討の余地はあるのではないでしょうか?私はアメリカ在住ですのであまり参考にならないかもしれませんが、しっかりした梱包で翌日には配送してくれました。