【初心者のための写真撮影講座】1. カメラを買おう

(2016/01/06に追記修正しました)

最近複数の友人に「カメラを買って写真撮影を始めたいんだけどどうすればいいのかな?」と質問されましたので、友人に向けて語るようなつもりで【初心者のための写真撮影講座】というシリーズを書いていきたいと思います。初心者の方、カメラをこれから始めてみたいという方はこの友人たちと一緒に始めるつもりで読んでいって頂けるとうれしいです。中級者以上の方には、説明が足りないところなど指摘して頂けると幸いです。

カメラを選ぼう

当たり前ですがまずはカメラを手に入れなければ始まりません。初心者のかた、これから始めてみたいという方が最初にぶつかる壁は、「どれを選べばいいのかわからない」ということでしょう。これは非常に難しい問題で、携帯性、画質、操作性、価格などの中から何を重視して選ぶのかという話になるのですが、カメラを初めて購入するときには自分の中に判断基準がないので決められないし、聞かれた方も答えようがないのです。

例えば「とにかくきれいな写真を撮りたい。金に糸目は付けない。」という方でも、いざ購入してみると「重すぎて持ち歩けない」となるかもしれないし、「重いのは嫌だしお金も余り出せない。」という方でもいざ手にして写真を撮り始めると画質に満足できなくなって買い替えを検討したくなるかもしれません。

かく言う私も最初は「カメラに10万円も出せない」と思ってエントリー向けのAPS−C機(EOS Kiss X5)を購入しましたが、2年後には「もっときれいな写真を撮りたい」と思ってハイアマチュア向けのフルサイズ機(EOS 5D mark III)を買い増しました。さらに1年後には普段持ち歩くコンパクトデジタルカメラが欲しくなってRICOH GRを購入するに至りました。それぞれに理由があって、後悔は全くしていないのですが、だからといって最初からいきなりEOS 5D mark IIIを購入することはできなかったでしょう。値段差に見合う画質の差があるということが理解できなかったからです。

では最初に購入するカメラとしてどのようなものが向いているのかというと、「なんでもいい」というのが正直なところです。ただ、「写真を始めたい」とわざわざ言う人はスマホやコンパクトデジタルカメラよりは「良いカメラ」を買って、「きれいな写真」を撮りたい、ただパシャパシャとシャッターを切るだけではなくいろいろな設定を駆使して自分の表現をしたい、ということを思い描いているでしょう。

そのような場合、ぜひレンズ交換式カメラを選んでください。写真の「味」にレンズが占める割合はカメラ本体が占める割合よりもはるかに高いです。レンズを交換することで全く違うカメラに生まれ変わるのです。以下では、レンズ交換式カメラを選ぶ際に知っておきたい知識についてまとめておきたいと思います。

センサーサイズ

まず大切なのはセンサーサイズです。カメラは光を感受する機械であり、フィルムカメラではフィルムを感光させることで写真を記録しますが、デジタルカメラではこのセンサーが光を受け止めてその強度を記録します。このセンサーの大きさがそのデジタルカメラの画質と感度(暗いところでも綺麗に映せるか)を決めると言っても過言ではありません。(画素ピッチが同じであれば)センサーサイズは大きいほど画質と感度が高くなります。

下の図を見てください。35mmフルサイズというのはいわゆる35mm判のフィルムと同じサイズのセンサーを有するカメラです。APS−Cというのがこれより一回り小さく、フォーサーズ(またはマイクロフォーサーズ)はさらに小さくなります。中判というのはフルサイズよりさらに大きいフォーマットです。センサーサイズは大きいほどボケの量が大きくなり、いわゆる「高いカメラらしい」、ボケがとろけるように美しい写真が撮れるようになります。

SensorSize

ではセンサーサイズは大きければ大きいほどよいのでしょうか。画質と感度に関して言えばそうなのですが、センサーサイズが大きくなるほどカメラ全体は大きく重くなりますし、価格も高くなります。価格に関して言えば中判フォーマットであるRICOH PENTAX 645Zは約80万円、フルサイズ機であるCanon EOS 5D mark IIIは約30万円、APS-C機であるCanon EOS 70Dは約10万円です。したがって、カメラを選ぶときはこの辺りのバランスを考えて選ぶことになります。現状ではエントリーモデルの(初心者用の)デジタル一眼レフはほとんどがAPS-Cサイズのセンサーを搭載しており、最初に買うカメラとしては最適ではないでしょうか。

 

SensorSize Compare

 

ミラーレスと一眼レフ

ミラーレスと一眼レフという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、どう違うかはお分かりでしょうか?一番わかり易い見た目の違いは、ファインダーがあるかないかです。(光学)ファインダーは、レンズを通った光をセンサーに到達する前にミラーで反射させたのち、プリズムを通して見ています。つまりファインダーを通して見える光景はリアルタイムのものです。シャッターを切るとミラーが跳ね上がり、レンズを通った光がセンサーに到達し、写真が記録されます。一眼レフカメラの機構は、こちらのニコンのホームページを見てみるとよくわかります。

一方でミラーレスは一眼レフの肝であるミラーを排除しており、一眼レフと比べて軽量コンパクトなのが特長です。ミラーを排除しているために(光学)ファインダーはなく、レンズを通った光が常にそのままセンサーに当たっていて、ファインダーの代わりに背面の液晶画面(または電子ビューファインダー(EVF))を見て構図を整えることになります。最新のミラーレスカメラではかなり改善されていますが、一度センサーで光を感受してから液晶に表示するまでに若干のタイムラグがあります。また、これも劇的に改善されてきていますが、AF(オートフォーカス)が一眼レフと比較すると遅い傾向にあります。

ざっくり言うと、一眼レフカメラは大きくて重いけどキビキビと動作し動体(動くもの)を撮るのも得意、ミラーレスカメラは小さくて軽いけど動くものを撮るのは少し苦手、ということになります。もちろん、ミラーやプリズムがないミラーレスカメラは一眼レフカメラより安い傾向にあります。

メーカーとクラス

最後はメーカーです。レンズ交換式カメラのメーカーにはキヤノン、ニコン、ソニー、ペンタックスリコー、オリンパス、パナソニック、シグマなどがあります。これはもう本当にそれぞれこだわりのあるところで、どれかを特におすすめすることは難しいのですが、先述したレンズ交換を楽しみたいのであれば、選択肢の多いキヤノンかニコンを選ぶのがよいでしょう。レンズとカメラを接続する機構をマウントと言いますが、マウントが異なるレンズは取り付けられないので購入したカメラによって取り付けられるレンズが絞られてきてしまうのです。キヤノンはポートレートやスポーツに、ニコンは風景に強いなどと言われていますが、初心者にとってそれほど差があるものではありません。店頭で触ってみて、しっくり来るものを選べばいいのではないでしょうか。

さらに悩ましいのは、各社一つのカメラを出しているわけではなく、初心者向けからプロ用までさまざまなクラスのカメラを用意している点です。安い方からエントリー用、ハイアマチュア用、セミプロ用、プロ用などと言われていますが、もちろんプロがエントリー用を使うことだってありますし、初心者がいきなりプロ用のカメラを買ってもいいわけです。違いは、操作性です。

わかりやすく言うと、クラスが上になるほどとっさのシャッターチャンスをものにしやすくなります。例えばボタンが増え、少ない操作で設定変更ができたり、連射速度が上がり、一秒間により多くの写真が撮れるようになったり、ファインダーの視野率(実際に写真に映る範囲のうちどれくらいがファインダーで見えるか)が上がって見落としたり余計なものが写り込んだりすることを防げます。デメリットとしてはカメラ自体が大きくなり持ち運びが難しくなるということが挙げられます。もちろん価格も飛躍的に上がります。しかしながら、風景など動かないものをじっくり撮る分には、最近のエントリーモデルは画質的にはかなり高くなってきています。

結局どれを買えばいいの?

上の3つの点を考慮して選んでみてください。ここでは2015年1月現在の一眼レフカメラの現行機種で場合分けしてみました。

フルサイズ一眼レフカメラ

フルサイズ一眼レフはまさに主戦場。各社が技術の粋を注力してしのぎを削っています。キヤノンで言えばプロ用のEOS-1D X、セミプロ用のEOS 5Dシリーズ(EOS 5D mark III, EOS 5Ds, EOS 5Ds  R)、ハイアマチュア用のEOS 6Dなど。ニコンで言えば上のクラスから順にD4S, D810, D750, D610など。Dfというちょっと変わったカメラもあります。ソニーはフルサイズミラーレスという新しい市場を開拓していて、α7シリーズは高い人気があります。

APS-C一眼レフカメラ

APS-C一眼レフカメラは最も大きな市場であり、製品のラインナップも豊富です。キヤノンにはプロも使うEOS 7D mark II、ハイアマチュア向けのEOS 70DやEOS 8000D、エントリー向けのEOS Kiss X8i、世界最小一眼レフを謳うEOS Kiss X7、更に廉価版のEOS Kiss X70などがあります。ニコンでは上のクラスから順にD7100、D5300、D3300が、ソニーではα77 II、ペンタックスリコーではK-3, K-5 II, K-S1, K-50などがあります。

個人的なおすすめ

さてここまで友人に説明しましたが、あまりピンときていないようです。それはそうでしょう。「要するにどれを買えばいいんだ」という友人に私が薦めたのは以下の2つです。私がキヤノンユーザのためキヤノン製品になってしまいましたが、まず間違いない選択と言っていいと思います。2つの違いは、いいカメラにお金を使ってレンズは安く済ませるか(EOS 70D)、カメラへの出費は抑えてレンズを3本揃えるか(EOS Kiss X7i)です。しかし、繰り返しになりますが、レンズ交換式カメラであれば楽しめると思いますのでぜひ店頭で触ってみて自分的にしっくり来るもの、触っていて楽しい物を選ぶのが一番だと思います。次回はレンズの選び方について書きましょう。それでは、今日もCapture the MOMENT!

(追記)

続きを書きました。

【初心者のための写真撮影講座】2. レンズをどうする?

2015.01.14

初心者のための写真撮影講座シリーズのまとめページはこちらです。

(追記ここまで)