Ricoh GRを半年使い倒した私が、現時点でのベスト設定を公開します

GRを使い始めて半年。いろいろ試行錯誤しましたがそろそろ設定が固まってきたので公開します。私が持っているのは英語版で、英語の設定メニューを訳して書いているので日本語版と微妙に用語が違う可能性があります。日本語の説明書を見ながら書いたので基本的には合っているはずですが、もし誤訳が有りましたらすみません。

多言語対応なのでアメリカで購入しても日本語に変換できると思っていたのですが、日本語にはできないんですね…。もっとちゃんと調べればよかった。日本語版のファームウェアをインストールしようとしたりもしたんだけどダメでした。いや、自分が使う分には問題ないのですが。

私がいかにGRを愛しているかは下の記事に書きました。

私がRICOH GRを偏愛する理由について考えてみた

2014.12.10

これまでGRで撮影したスナップはこちらで紹介しています。

 

撮影設定

  • 【フォーカス】基本的にスポットAF。スナップ的に撮ることが多く、ピンポイントAFではピンが抜けてしまうことが多かったため。
  • 【スナップ時フォーカス距離】5m。次のフルプレススナップがオンの場合、シャッターボタンを一気に押し下げた場合にこの距離にピントが合わせられ、測距する時間を短縮することができます。非常に便利。多分これくらいの距離感が多いと思うので基本は5mにしていますが、状況に応じて変更します。
  • 【フルプレス スナップ】GRの速写性を活かすため常時ON。OFFにする理由が思い浮かびません。
  • 【測光】マルチ。液晶で露出を常に確認できるので、測光方法を変える必要がありません。
  • 【撮影画像フォーマット】L 3:2 。ほぼ常時JPGで撮影しています。必要に応じてRAW 3:2で撮影しますが、この変更が迅速にできるようにEffectボタンをRAW形式切替に設定しています(後述)。
  • 【エフェクト】基本はOFF。ただし、味付けが必要ならその都度変更します。ハイコントラスト白黒が気に入っています。すぐに変えられるようにADJ.レバーのメニューにエフェクトを入れています。これも後述します。
  • 【画像設定】設定1で彩度5, コントラスト6, シャープネス5, 周辺減光オフとしています。得られた画を見て設定を変えています。
  • 【35mmクロップ】基本OFF。ただしFn2ボタンに35mmクロップモードを割りつけてあり、場合によってはすぐに変更できるようにしてあります。47mmクロップは使っていません。
  • 【日付入れ撮影】OFF。必要なし。
  • 【連写】OFF
  • 【オートブラケット】OFF。結果をその場で確認できるのでブラケットを使わなくても自分で変更すればよいです。
  • 【多重露光撮影】使ったことがありません
  • 【インターバル撮影】タイムラプスの撮影で使いましたが便利ですね。時間間隔を適切に設定して、∞枚の設定で撮影します。
  • 【インターバル合成】まだ使ったことがありません。星景などに良さそうですがもし使うとしたらインターバル撮影してphotoshopで合成することになると思うので今後も使わないかな。
  • 【カスタムセルフ】2枚5秒
  • 【ホワイトバランス】マルチパターンAUTO。結果がおかしければその場で変更するか、とりあえずRAWで撮っておいてあとで補正します。
  • 【ISO感度】AUTO-HI
  • 【ノイズリダクション】AUTO
  • 【露出補正】0.0
  • 【NDフィルター】OFF
  • 【ダイナミックレンジ補正】AUTO
  • 【長秒時ノイズ低減】ON
  • 【絞り自動シフト】ON。後述するセットアップメニューでNDフィルターの適用をAUTOにしているため、明るすぎるときはNDフィルターが適用されます。この項目は、Avモードで撮影していて、NDフィルターを使っても明るすぎるときに自動的に絞りを設定値よりも絞ることを許可するかどうかの設定です。基本絞り開放で撮影していますが白飛びしてしまっては意味が無いのでONにしています。でもNDフィルターのおかげであまり発動していないように感じます。
  • 【フラッシュ調光補正】0.0
  • 【フラッシュマニュアル発光量】1/2
  • 【フラッシュシンクロ設定】後幕。集合写真を撮るときなどは先幕のほうがいいですが、それ以外は後幕のほうが自然でしょう。GRではあまりフラッシュを使った撮影はしていませんが。

キーカスタム設定

  • 【マイセッティング登録】未登録。必要な設定はその場で設定すべし。
  • 【ADJ.レバー設定】設定1:ISO、設定2:エフェクト、設定3:画像設定、設定4:AF/MF、設定5:ダイナミックレンジ補正。だいたいよくアクセスする順になっています。ISOは状況に応じて変えますし、エフェクトは上述したようにその場の雰囲気や気分に合わせて結構いろいろ試します。画像設定は、設定1の彩度やコントラストやシャープネスをすぐに変えられるように登録しました。AF/MFはあまり変えませんが時々ピントを無限遠に固定したりする必要があるので登録しています。最後のダイナミックレンジ補正は試用中です。ここに入れる必要がないとわかったら別の設定にしようと思っています。
  • 【ADJ.ISOダイレクト変更】OFF。これをONにするとADJ.レバーを動かすだけでISO感度を変えられるようになるのですが、意図せず変更してしまうことが多かったのでOFFにしました。
  • 【M/TAvモード ダイヤル設定】設定1。現状で不便はないので変更していません。
  • 【再生モード ダイヤル設定】設定1。現状で不便はないので変更していません。
  • 【Fn1ボタン設定】FA・ターゲット移動。基本中央でフォーカスロックして撮影していますがマクロ撮影などで時々厳密なピント合わせが必要になるのですぐにアクセスできるようにFn1に設定しています。
  • 【Fn2ボタン設定】28/35mm。35mmという焦点距離は好きなので35mmクロップは比較的よく使います。先述したように47mmは使っていません。
  • 【エフェクトボタン設定】JPEG>RAW。あとで現像が必要になりそうなときはエフェクトボタンを押して瞬時にRAWに切り替えられるようにしてあります。エフェクトよりもJPEG>RAWのほうが頻度が高いのでエフェクトボタンに割り当てました。イメージとしては、エフェクトを含めて後で現像が必要な場合に使うボタンと捉えています。
  • 【AEL/AFL設定】AFL。この状態でAFファンクション切り替えレバーをAEL/AFL側にしておくと、AFボタンによるフォーカスロックが可能になります(ピントを合わせたのち、AFエリアを示す四角が緑色に固定され、画面にAFLと表示される)。この状態ではシャッターボタン半押しによるAFがキャンセルされるので、いわゆる「親指AF」が可能になります。普通のカメラでは予めシャッターボタンの半押しによるAFを解除しておく必要がありますが、それをしなくてもすぐにフォーカスをロックできる。よく考えられているなーと感心しました。
  • 【C-AF連写設定】シャッター優先。ほとんど使いませんが一応。
  • 【AEL/AFL ロック維持設定】ON。これをONにしておかないと上で説明したフォーカスロックができません。
  • 【Mモード ワンプッシュ動作】絞り優先。これ、すごくいいです。Mモードで+/−ボタンを押すとカメラの適正露出に瞬時に設定されるのですが、この際に予め優先する絞りを設定しておくことができます。いちいち一つ一つを自分で設定しなくても、だいたいいい感じの設定からはじめることができるので重宝します。普段はAvモードですが、Mモードでもほぼ同様の操作性が達成されます。
  • 【シャッターボタン確定】ON。これをONにしておくとシャッターボタン半押しで設定が確定できるので、設定変更後それを確定しながらすぐに撮影に入れます。押すボタンが1つ減る。

セットアップ

  • 【ファイル名変更】R0。デフォルトのままです。
  • 【フォルダ名設定】シリアル番号
  • 【カード連続No.】ON
  • 【著作権情報】登録なし
  • 【画像モニター輝度調節】AUTO
  • 【操作音】シャッター音(でも下の項目で無音にしています)
  • 【操作音音量設定】無音
  • 【オートパワーオフ】5分
  • 【スリープ】OFF
  • 【画像モニター節電】OFF
  • 【電源ボタンランプ】ON
  • 【ISO感度ステップ設定】1/3EV
  • 【ISO AUTO-HI設定】6400, Auto。ISO 6400まではまあ許容範囲かと。ノイズが多いほうがシャッタースピードが遅すぎて手ブレするよりマシなのでISOの上限を高めに設定しています。これ以上はさすがにディテールが潰れすぎるので却下。どうしても必要なら自分で明示的に設定します。
  • 【NDフィルター設定】AUTO。NDフィルター大事。
  • 【AF補助光】OFF。緑の光がうるさく感じるので。
  • 【水準器設定】水平+アオリ。でも広角レンズゆえのパースがつきやすいので、結局見た目の水平垂直感を優先します。
  • 【コンバージョンレンズ】OFF。ワイコン欲しいけどまだ買えていません。
  • 【色空間】sRGB
  • 【画像確認時間】0.5秒
  • 【グリッドガイド表示設定】9分割に設定していますが表示していません。撮影モードでDISP.ボタンを押すと表示されます。
  • 【情報表示モード】ON
  • 【Fnボタン設定表示】ON
  • 【縦横自動回転再生】ON
  • 【白とび警告】OFF
  • 【ワンプッシュ拡大表示倍率】8倍
  • 【ターゲット位置拡大再生】ON
  • 【再生順序設定】撮影日時
  • 【再生アニメーション】OFF。実は今知ってOFFにしました。再生時に写真を切り替える際のアニメーションが省略され切り替えが高速になります。
  • 【Language/言語】日本語にしたいができないのでEnglish.
  • 【ビデオ方式】NTSC。動画撮影はまだしていません。
  • 【HDMI出力】AUTO
  • 【メニューカーソル位置保持】ON

実際の撮影

実際の撮影時には、基本Avモード、絞りは開放のF2.8として撮影しています。GRのレンズは素晴らしく、開放から十分なシャープネスが得られますが、場合によっては一番描写が良いと感じるF4を選択したり、F8まで絞ることも有ります。

撮影結果を見て露出を変えたり、手ブレしているようならISO感度を変更してシャッタースピードを稼いだりして露出を追い込んだ後、必要に応じてエフェクトをかけたりクロップモードを使ったりもしています。自分好みの設定にしておけば、自分の撮影スタイルに応じて必要な設定に瞬時にアクセスできるようになるのがGRのいいところです。みなさんのおすすめの設定があったらぜひ教えて下さい。