簡単にフィルムエフェクト!VSCO Film 01を購入してみたのでレビュー!

(2016年2月2日 追記)プリセット毎の色の比較が難しいのでGIFアニメを削除し写真を並列で表示するよう変更しました。

こんにちは!先日LightroomのプリセットであるVSCO Filmが半額になったよ、という記事を書きました。

Lightroomのプリセットとして人気のVSCO filmが全て半額で各59ドルに!

2015.11.26

今回は実際にVSCO Film 01を購入して見ましたので、購入・インストールから実際の使用方法までをレビューしてみようと思います。

VSCO Filmとは何か

前回の記事でも少し触れましたが、VSCO Filmとは、フィルムシミュレーション用のプリセットです。それ単体では機能しませんが、Lightroomなどの現像ソフトから呼び出して使用することで、デジタルカメラの写真にフィルムで撮影したかのようなエフェクトを加える事ができます。

エフェクトというと最近のスマホアプリに代表されるような少し大げさでどぎついものを想像されるかもしれませんが、VSCO Filmはとても自然にフィルムで撮影したような効果が得られることで人気です。

どれを購入するか決める

VSCO Filmは、現在までに01-07までの7種類のセットが販売されています。それぞれに例えば01ならModern films, 02ならClassic filmsといったテーマが設けられており、それぞれのセットに複数のフィルムプリセットが含まれています。

私は今回購入にあたり01と02で相当悩んだのですが、01のModern Filmsを購入しました。気に入ったら02も買ってみようと思います。

選択する際はこちらのページからサンプルを見てみると良いと思います。

VSCO01samples

VSCO Film 01のサンプルページより引用

元の写真がカッコ良すぎてプリセットの効果がわかりにくいですが^^;

購入・ダウンロード・インストール!

purchase

購入ページから”BUY NOW”をクリックします。左上の”VIEW CART”から先に進み、ユーザ登録をしていなければしてください。カード番号を入力して購入完了です。現像ソフトによって購入するべきものが違うので確認してください。私の場合はLightroom CCを利用しているので、上の”for Adobe Lightroom CC, 6,5 &4”を選択しています。

購入が完了するとVSCOから下のようなメールが送られてきます。

Mail

“DOWNLOAD NOW”をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍し、インストールします。途中でライセンスキーを聞かれますので、上記のメール(上の図でモザイクがかかっている部分)に記載されている16文字の英数字を入力してください。あとはOKをクリックしていればインストール完了です。インストール時に使用するカメラを聞かれますので、答えてください。私の場合はCanonのEOS 5D mark IIIとKiss X5, RicohのGRを使用しているので、CanonとStandardを選択しました。StandardはGRのようにRAWファイルの形式がDNGのものの場合に選べば良いようです。

実際に使ってみた

上述したようにVSCO Filmは単体では起動できません。まずはLightroomを立ち上げてください。

適当な写真を選択し、現像モジュールに移動します。

VSCO Lightroom

この例の場合はCanonのカメラで撮影したRAWファイル(.CR2ファイル)なので、Canon用のプリセットを選択します(上図①)。左ペインからプリセットに移動し、VSCO Film 01 LR4 Canonを展開してください(上図②)。たくさんのプリセットが見えるので、好きなものを選択します(上図③)。

VSCO Film 01に含まれるフィルム効果の比較

VSCO Film 01には全部で37個ものプリセットが含まれていて、どれを選べばいいか困ってしまいますが、大きく分けるとC-Fuji 160C, C-Fuji 400H, C-Fuji 800Z, C-Kodak Portra 160, C-Kodak Portra 400, C-Kodak 800, C-Ilford HP5, C-Kodak T-MAX 3200, C-Kodak TRI-X 400の9つがあります。このうち最後の3つ(C-Ilford HP5, C-Kodak T-MAX 3200, C-Kodak TRI-X 400)はモノクロです。また、最初のCはCanonのCです。Standardの場合にはSが付きます。

この基本プリセットを適用した写真を比較するためのGIF画像を作成しました。Lightroom CCにてAdobe StandardプロファイルまたはVSCO Film 01のプリセットのみを適用した後に長辺を800pxに圧縮してJPG現像したものです。

AdobeStandard C-Fuji160C C-Fuji400H C-Fuji800Z C-KodakPortra160 C-KodakPortra400 C-KodakPortra800 C-IlfordHP5 C-KodakT-MAX3200 C-KodakTRI-X400

こうしてみると、結構大きく印象が変わるのがわかると思います。私はこの写真であればKodak Portra 800が一番自分の印象に近いと感じました。みなさんの好みはどれですか?たった1クリックでいろいろな効果が得られるのはうれしいですね。

プリセットは何をしているか

実際にプリセットを適用してみると、右ペインのパラメータが変化するのが分かります。ご存知の方には当たり前の話ですが、プリセットとは「現像パラメータを予めひとまとめにしておいたもの」です。VSCO Filmの場合には白レベル、黒レベル、ハイライト、シャドーなどの階調のほか、彩度、色ごとの色相・彩度・輝度、明暗別色補正、粒子などが指定されているようです。

例えばFuji 160Cなら、白レベルとハイライトを抑えて、黒レベルとシャドーを持ち上げ、彩度を少し上げたうえで色のバランスを変更します。この色のバランスがキモで、フィルムの特徴をよく再現していると思います。また、シミュレーションするフィルムのISO感度に合わせて粒状感を追加します。

同じフィルム名でも4種類(+α)が存在する

先ほど37種類のプリセットがあると書きましたが、各フィルムについて−, 無印, +, ++の4種類が用意されています。例えばFuji 160CであればFuji 160C -, Fuji 160C, Fuji 160C +, Fuji 160C ++といった具合です。ちょっといじってみた程度ではこれらの違いははっきりしない場合が多い(−ははっきりと違いますがその他の違いは微妙)のですが、いろいろ比べてみて好みのものを選べば良いと思います。

さらにKodak Portra 800の場合にはKodak Portra 800 HCというのが用意されています。HCはHigh Contrastの略のようです(実際のコントラストはマイナスに補正されていてちょっと謎ですが)。9種類のフィルムに4つの大小、プラスKodak Portra 800 HCの37種類です。Kodak Portra 800の5種類をAdobe Standardと比較したのが以下の写真です。

AdobeStandard C-KodakPortra800- C-KodakPortra800 C-KodakPortra800+ C-KodakPortra800++ C-KodakPortra800HC

カメラプロファイルから選択することも可能

VSCO Filmをインストールすると、現像モジュールのカメラプロファイルにも新たな項目が加わります

VSCO Lightroom2

ここからカメラプロファイルを選択することでも同等の効果を得ることができます。プリセットではモノクロになるKodak T-MAXやTRI-X, Ilford HP5も色情報を残したままで現像ができるので、プリセットではしっくり来なかった時にはこちらからプロファイルを選択後により細かい現像に入ることも可能ですよ。

まとめとちょっと作例

RAW現像をやり始めると、ついついやり過ぎてしまったり、方向性を見失ってしまったりしますよね。そんなときVSCO Filmを用いればある程度のイメージを固めることができます。もちろんVSCO Filmのプリセットを適用後にさらにRAW現像パラメータをいじることもできるので、現像の最初の一歩の指針として効果的に用いることができるでしょう。

また、現像パラメータの勉強にもなります。上述したようにプリセットを適用すると現像パラメータが自動的に入力された状態になりますから、Lightroomでどこをどのようにいじるとこのような効果が得られるのかが具体的にわかります。このような現像パラメータのお手本としても大変有用だと思います。

それから、今回は触れませんでしたがRAWからではなくJPGにプリセットを適用することもできます。もちろんRAWと比較すると情報量が少ない分階調が破綻してしまったりすることも有りますが、それほど大きな変化を加えているわけではないので、JPGでも案外使えたりしますよ。Lightroomなら非破壊編集ですので好きなだけ試して見れるというのもうれしいですね。

最後に、VSCO Film 01を用いた作例を幾つかご紹介して終わりにしようと思います。気に入ったので次は02を買ってみようかな。それでは、今日もCapture the MOMENT!

Fuji 160C

Before
Fuji160C_before

After
Fuji160C_example

Kodak Portra 400

Before
KodakPortra400_before

After
KodakPortra400_example

Kodak Portra 800

Before
KodakPortra800_before

After
KodakPortra800_example