最後の寄港地は「魔女の宅急便」「紅の豚」のモデルとなった街・ドゥブロヴニク!

こんにちは!何回かに渡って書いてまいりました地中海クルーズの振り返りですが、これがとりあえず最後になります。前回はトルコ・イスタンブールに寄港した時のことを書きました。

地中海クルーズ4日目はトルコ・イスタンブール!

2016.04.08

最後は、クロアチアのドゥブロヴニク!ジブリアニメ「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台となった街です。アドリア海の真珠と言われる大変美しい街を写真で振り返ってみます。

まずは丘の上から全体を!

最初にバスで丘の上に登り、ドゥブロヴニクの町並みを見下ろしました。美しい…。家々の屋根はオレンジ色で統一されていて、街全体が1つの大きな建造物のようです。

下の写真の左下、海と街の間を隔てるのがドゥブロヴニク城壁。高さは20m近くあり、海洋交易の要所であったこの街を外敵の侵入から守ってくれたそうです。城壁の上は歩くことができるようになってあり、カフェやレストランもあって現在では観光スポットとなっています。

0X4A4825.jpg

ドブロブニクの町並み

さてバスで旧市街に向かい、街の中を見て歩くことに。観光客で溢れかえっています。

0X4A4845.jpg

路地が入り組んでいて、どこを覗いても画になります。まさにジブリの世界に飛び込んできたよう。

0X4A4867.jpg 0X4A5007.jpg 0X4A5004.jpg 0X4A4950.jpg

ドゥブロヴニクはクロアチアなんですが、飛び地で、本土とは繋がっていないんですね。今記事を書いていて初めて知りました。

0X4A5006.jpg 0X4A5088.jpg

ねこ!できれば黒猫が良かったですが、どことなく気品があって、カメラ慣れしているようでした。

0X4A5077.jpg

アドリア海の真珠

城壁の上を散歩すると、ちょうど目線の高さに屋根が来て圧巻です。

0X4A4903.jpg 0X4A4879.jpg

下の写真を見ていただくとわかりやすいかと思うのですが、城壁の上はアップダウンが激しく、歩くのは結構重労働です。

0X4A5035.jpg

城壁に開いた穴は見張りのためで、所々に大砲が設置されています。

0X4A5041.jpg

海の透明度がものすごく高く、綺麗でした。

0X4A4933.jpg

高台から見下ろしているのですが海の底が見えます。私も水着を持ってくればよかったな…。

0X4A5080.jpg

さよならドゥブロヴニク

世界遺産に登録されていることもあって大変な観光客の数で(いつものことながらお前も行っているんだから文句言うなって話ですが)、勾配の急な狭い道を歩きまわったのでかなり疲れました。天気にも恵まれてアドリア海の強い日差しが照りつけていたせいもあると思います。

船に戻って一息つくと、美しい夕焼けが。旅行中美しい夕焼けに遭遇するのはほぼ毎日のことでしたが、それでも焼け方は日によって、そして土地によって全く異なります。この日はこんな感じで旅の締めくくりをしてくれました。

0X4A5102.jpg

船はドゥブロヴニクを発って一路ベネチアに戻り、楽しかった地中海クルーズ旅行もこれでおしまいです。人生初のクルーズ旅行だったのですが、とても楽しかったのでこの後色々なクルーズ旅行に行くことになりました。それらについてもまた少しずつ振り返っていきたいです。

この旅行の概要は下のページにまとめましたので、読み残しがあればこちらからどうぞ!

地中海クルーズ旅行:概要

2014.10.08