FUJIFILM X-Pro1で撮影したスナップ(2016年4月分)

大変久しぶりの更新となってしまいました。私はこれまでアメリカ在住だったのですが、この春に日本に本帰国して参りました。そのためいろいろとバタバタしてしまい、環境を整えるのに時間がかかってしまいましたが、ようやく落ち着いて来たのでまた少しずつブログを書いていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

さて、今回は、帰国直前となる2016年4月に撮影したスナップをアップしていきます。アメリカのスナップ写真はこれで最後になってしまうかもしれません。

海を見に行った

ボストンを去る前にどうしてもやっておきたかったことが有ります。それは、海を見に行くこと。

帰国前はずっと忙しかったのですが、突然エアポケットのように時間ができたので電車に飛び乗って海を見に行ってきました。

DSCF1154.jpg

とはいっても、ボストンは海沿いの都市。都心からでも電車で20分ほどで海に着いてしまいます。

DSCF1148.jpg

砂浜に座ってボーっとしながら、思い思いの時間を過ごしている人を眺めていました。

DSCF1143.jpg DSCF1140.jpg

自分の影を取るのも忘れずに。

自分の影を写してみるのは結構楽しいよ、という話。

2016.03.23
DSCF1137.jpg

帰国に向けて公私共にものすごくバタバタしていましたが、ほっと一息つくことができました。

DSCF1126.jpg DSCF1122.jpg

ボストンの街に別れを告げる

最後になってボストンの色々なところを詣でてみたり。こちらはフェンウェイ・パーク。何度も野球観戦に行きました。ちょうど自分がいた時にレッドソックスがワールドシリーズで優勝してくれたのは大変幸運だったと思います。

フェンウェイパークでボストンレッドソックスの試合を何度も見た私がメジャーリーグ観戦のポイントを写真付きでまとめたよ!

2015.12.30
DSCF1112.jpg

スーパーの「アメリカらしい」陳列。見た目にはインパクトがあるけど、よくよく選ばないと腐ってたり傷ついていたり。今となってはいい思い出です。

DSCF1108.jpg DSCF1107.jpg

意外に感じるかもしれませんが、ボストンでは至る所に桜が植えられています。日本のように一斉に咲いて一斉に散るという感じではなく、先週はあちらの桜が、今週はこちらの桜が、というように時期をずらしてかなり長い間楽しめるのです。

ボストンに来たばかりの頃はいろいろ心細い思いもしましたが、日本から遠く離れていても、同じように美しい花を咲かせる桜の姿に、大変勇気付けられたものです。本当にありがとう。異国で暮らしてみて、日本人でよかったと心から思えたし、日本のことが改めてもっともっと好きになりました。

DSCF1091.jpg DSCF1053.jpg

MIT

下を噛みそうな名前でお馴染みのマサチューセッツ工科大学ことMIT。実はボストンに有ります(正確にはお隣のケンブリッジ市ですが)。

キャンパスにはこんな面白いオブジェがあちこちにおいてあります。かなり遊び心のある大学だなーという印象を持ちました。

DSCF1056.jpg

工科大学らしい、対称性の高い建物。

DSCF1061.jpg

散歩するだけで楽しい街・ボストン

最後に、本当のスナップ写真を羅列します。本当に魅力的な街でした。ここに住んでみて、見たこと・感じたことを写真として残しておきたいと思ったことが、私のスナップ写真の原点でした。日常の何気ない風景に、人生が、世界が、歴史が凝縮されてきらめいていることに気づかせてくれました。

DSCF1064.jpg DSCF1071.jpg DSCF1072.jpg DSCF1076.jpg DSCF1082.jpg DSCF1089.jpg DSCF1085.jpg DSCF1086.jpg

絶対また来ます。変わらずにいてほしいし、きっと変わらないでいてくれるんだろうけど、でもまた新しい一面を見せてくれることでしょう。その時もまた温かく迎えてくれたらうれしいです。その日まで、さらばボストン。私は日本に移って、これからもそこにある何気ない日常を切り取っていきます。そう、これからもCapture the MOMENT!です。読者の皆様も、これからのCapture the MOMENT!日本編をよろしくお願いします。